プロフィール

きゃなこ

Author:きゃなこ
劇的☆ジャンク堂のきゃな子です。役者と制作とたまに女子。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


かうんたー


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
文化祭で演劇をすることになりました。


演目は
ロミオとジュリエット

あたしは演劇部だから、なんか大きい役をやらなきゃいけない雰囲気。

あたし自身も大きい役ほしいし、
せっかくだからジュリエットに立候補。


ジュリエットに立候補したのは他に4人。
オーディションの結果、あたしがジュリエットの役をやることになる。


一方ロミオ役の方は、
何人もの目立ちたがり男子の中に、
あの彼がまざってる。


あたしはジュリエットだから、彼にロミオをやってほしいと願う。


オーディションの結果、ロミオは彼がやることになる。



あたしはほんまに嬉しくて、
おめでとう!
と彼の元に言いに行く。


すると彼に
「お前がジュリエットやると思ったから俺もロミオに立候補した。」

と言われて、
すごいキュンってして。

でもあたしはドキドキしすぎて
「ありがとう。」
としか言えなかった。



他の役も続々と決まって、
ついに練習。


あたしと彼は二人だけのシーンをやることに。


なんのシーンかはわからないけど、
彼と手を繋ぐというト書きがあった。


セリフを言って、
彼の手をとった。



すると彼は少し黙って
セリフじゃなくてあたしの名前を呼んだ


そして、あたしのドキドキが最高潮に達して…




目が覚めた

…目が覚めた…泣







なんだこれ⊂((・x・))⊃
てゆか誰なんだこのロミオ。
ちなみに前回と同じ彼です。
前回の彼とのお話は前の 夢の話 参照です笑


相変わらず顔は覚えてないんだよなぁ…。

てゆかもっと展開させてくれよーw
なんでいっつもなんか良いとこで終わるんだw


まぁそれが夢だよね。




あたしはほぼ必ず夢を見ます。

夢日記つけよかな。笑
学校で

好きな男の子が席替えで隣になって。


すごく仲良くなって。


一緒にお祭りに行った。


手も繋いだ。
頭も撫でてもらった。

すごくドキドキした。



でも、
その子はすごくクラスの女の子から人気があった。
あたしはそれにすごく引け目を感じてた。


でも彼はどこかに出かける度にうしろから抱きついてきたり、
ちょっかいをあたしにかけてきた。

それがあたしはすごく嬉しかった。

でも、告白をしようとは思わなかった。
でも彼からの告白を待ってた訳でもない。



彼と、かなりいい感じになってたある日、

いつもの様にあたしは席で彼と遊んでいた。

そしたらクラスの女子に彼が囲まれた。
いっぱい話しかけられている彼を見てるのがなんだか辛くて、あたしはその場を離れようとした。


するとその中の一人の女の子が
「なぁ、今日一緒に帰ろうや!」
と彼を誘った。


あたしはすごく悲しくなった。


でも彼は
「ごめん、僕他に帰りたい子おるねん。」

と言っていた。
それが最後に聞こえた声。


そのままあたしは教室から出た。


その後、なぜかあたしと彼は2人でいて、

あたしは彼に
「なぁ、今日、一緒に帰りたいんやけど…他に帰る子おるやんな…?」

と、恐る恐る聞いた


すると彼は黙ってあたしの肩に手を置いて、まっすぐあたしの目を見た。

そして、
あたしのドキドキが最高潮に達して、




目が覚めた


…目が覚めた。泣


時計は7:30を指していた。


あたしは、黙って二度寝をした。







昨日?一昨日?の
夢の話です。
彼の顔は覚えてません。
名前も覚えてません。

でも、ドキドキがすごくリアルで。
夢と感じさせないほどの鼓動でした。

それからストーリーもかなり覚えてる。
飛ばし飛ばしだけどこんな感じ。



こんなことってあるのね(。-_-。)w





なんか、夢の一番良いところで目が覚めるっていうのは本当だったんだぁ。


脳が興奮しちゃってめざめるそうですね。
不思議。


夢で死ぬと、脳が死んだと勘違いして本当に死んじゃうことってあるらしいですしね。
なんとか現象ってやつ。


怖い怖い。



なーんか、ほんまに良い夢だったわw

甘酸っぱい。君に届けみたい



三浦春馬か綾部さん落ちてないかな…⊂((・ω・))⊃

««BACK  | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。