プロフィール

きゃなこ

Author:きゃなこ
劇的☆ジャンク堂のきゃな子です。役者と制作とたまに女子。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


かうんたー


よーし、今年はちゃんと見たお芝居の感想をメモがてらブログに書くぞー(意気込み


タイトルに/入ってるのは検索避けです。
感想読まれるのって恥ずかしいもん。

果たしてこの記事を読んでる人がいるかはわからないけど
誰かに読んで欲しいっていうよりは自分のためのメモ書きなので言葉めちゃくちゃだけど許して欲しい。

いろいろ書くよ。


わたしは多分、
色々あるお芝居の中でもリズム芝居が最も好きなジャンルです。多分。


維新派とか、ままごとの「わが星」が大好き。

その影響で私見感もすき。



ということでVOGAを見てきました٩(ˊᗜˋ*)و


くぼけんさんも出てるしね(∩´∀`)∩




VOGAを前回見たのはVectorだから二年前ですね。
最後は極寒で観劇どころじゃなかった(寒さを舐めてた奴)んですけど、今回は室内だったので安心して見れました。笑





リズムがとても綺麗。
そこにドラムが入ってとても心地よかったです。

言葉の単純さを良くも悪くも感じた
良くいえばわかりやすいし、悪くいうなら軽い
前説の際に近藤さんもおっしゃってたけど、
誰も松本さんの真似はできないんだなと


一緒に見に行ってた人が言ってた
同じ「朝ごはんを食べるシーン」を松本さんがやったとしたらきっともっと違う言葉を選んでた
あの言葉選びのセンスは誰にも真似できない。と。


確かにそうね。
そう思うと、やっぱり維新派の作品を生で見る事は2度とできないんだなと改めて感じて、
なんというか、すごくショックでした。遅いな。




前回のベクトルよりも、ストーリーがわかりやすかったので、話の筋はおいかけやすかったです。私的に。



ゆきちゃんたち女子4人がなんか儚げでよかった。
白いセーラーって清楚で儚いね。妖精さんみたい。
ただ、なんか最後までユキちゃん以外の三人が覚えられなかった…てつくんの彼女すらどれやっけってなってた。多分私の目が悪くて役者の顔が認識できなかったせいだとおもうけど。
彼女達ひとりひとりのキャラが薄かったのかなぁ…どうしても男の子がメインになるからあえてなのかな。



メンズは全員キャラ立ちしてたと思います
どうしてもテツを取り巻く人たちをしっかり描くとこっちの方がキャラ濃くなるよね

スギがとてもかっこよかった。
いちばん正直で好感がもてました

くぼけんさんはあれだなあ
声でわかるなあ
通るけどちょっと濁った特徴のある声だなと思いました。
みんなでリズム読みしてても一人だけすごく聞こえる。

濁りがあるから広がるけど、固めだからよく通る。不思議な声。




とーよーくんは背が高いからほんとに舞台映えするよね。ひげはちょっとおもしろかったけど←
なんか大人なとーよーくんはすごくレアだったような気がする
なんというかでも本人のさわやかさが拭いきれてなくて昔やんちゃしてた感があんまりなかったかも。
でもお父さんやってる姿はとても胸に来るものがありました。親子系に弱いんだ私は。



しかし、ゆうちゃんってちょっと不思議な子っていう感じやったんかな?
あんまり大きなゆうちゃんが描かれてなくて、家族のシーンも少ないままに突然事故になったからあまりにもあっけなくて感情移入ができなかったのがとても残念でした。
家族系好きやからこその感想やと思うけど。




鞠子さんがすごく好きだったのと、
アロエの花言葉は苦痛。
これがとても印象深かった。
そして草壁さんはとてもとても素敵でした。






好みを言うなら、映像はなくてもよかったかも。
ない方が好き。
でも雪はとても綺麗だったなぁ。




帰り道、京都は雪が降ってて
雪のシーンの延長みたいな感じがして
なんだか不思議なきもちな帰り道でした。




とりあえず今思いつく感想っていうかなんていうか。




あ。
フライヤーに載ってた


なにか
はなし
して

っていう言葉
これめっちゃすき。
だからこそ台詞として放たれた時
あ~言っちゃうのか~あ~
ってなりました。笑
言って欲しいような、言わないで欲しかったような。

いいとかわるいとかじゃなくて。



なんかいろいろ偉そうに書いたけど。
作品としては、好きでした。


ひとまずおつかれさまでした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://kyanakonadeshiko.blog.fc2.com/tb.php/435-3638423a

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP |